記事の詳細

DSC_3113 - コピー-003

HEIGT=高さ
CALIBRATION=較正

オフロードの戦いで勝利するために生み出されたハスクバーナ。
レースはもちろん、自分との戦いに勝つためのマシンでもあります。
自分が扱うマシンを、使用環境や自分の体格、好みに設定することは基本です。

ハスクバーナ東名横浜のハイト・キャリブレーションとは、
サスペンションユニットに加工を施すことによりシートの高さを使用用途や体格、好みに合わせて較正する作業です。
ストロークのショート化により、本来の性能を極力損なうことなく、シート高を変えることが可能です。
これは全モデルにリンク機構を採用しているハスクバーナならではのモディファイです。


■参考例 ライダー身長170cm
FE250 (リアショックストローク -30mm, シート高約910mm)                FE250(標準シート高970mm)
DSC_3158 DSC_3156

足つきイメージ(両足)
DSC_3110 DSC_3102
足つきイメージ(片足)
DSC_3113 DSC_3104

参考例.FE250(リアショックストローク-30mm 残ストローク300mm)
・リアショックショートストローク化工賃 ¥32,400~

リアショックだけではなく、フロントフォークのショートストローク化も可能です。

そのほかオプションとして、
HUSKY POWER ローシート
ショートサイドスタンド
等を組み合わせて、街乗りや林道向けに振ることも可能です。


ハスクバーナ東名横浜は
ライダーお一人お一人に合わせたキャリブレーションをご提案いたします。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る