記事の詳細

・全日本スーパーモト最終戦 茂原
・ジョシュ=ストラング ハスクバーナ勢初AAGP優勝!
・TRADITION HOODIE のご紹介


▼新着情報▼
『全日本スーパーモト最終戦 茂原』
image4

全日本スーパーモト選手権 最終戦 
S1PROクラス ♯15 濱原颯道 (ハスクバーナ東名横浜 BEL-RAY)
開催日:2015年11月8日(日)
会場 :茂原ツインサーキット

ついに最終戦を迎えた全日本スーパーモト選手権!
会場は千葉県 茂原ツインサーキット
横浜からはアクアラインを通り1時間半ほどで到着する、首都圏からとてもアクセスの良いサーキットです。
全長1170mのロングコースはターマックの割合が多く、
ホームストレート過ぎ第1コーナーあたりにやや短いダートセクションが設定されました。
image7 image2 (1)
image28 ←写真奥 第1コーナー手あたりにダートセクション

7日(土)の練習走行はドライコンディションでした。
10612929_1108791065799587_7646741715058636522_n
濱原選手含む3名のライダーが50秒台でトップタイムをマーク
ライダー、マシンともに非常に調子が良く、翌日の決勝レースに向けて万全の状態に。

8日(日)は一日中小雨が降るレインコンディション。
ダートセクションは無くならず、前日練習と同じコースを走ります。
S1プロクラスは全15台の出走
公式練習走行、予選タイムアタック、決勝ヒート1・2の順番で行われました。
予選タイムアタック終了時 濱原選手は6番グリッドスタート。
DSC_5350 DSC_5354
DSC_5415 DSC_5418

 

決勝ヒート1
ヒート1は全15ラップ、最初の1周はダートセクション無しとなり第1コーナーから熾烈な争いが繰り広げられました。
前日練習とは全く違う姿を見せた茂原ツインサーキット。
めまぐるしく順位が入れ替わり、ギャラリーの手にも力が入ります。
濱原選手は一時3位まで追い上げるも、後ろには僅差で数台つき混戦となりました。
結果、決勝ヒート1は5位入賞を果たしました。
DSC_5422 DSC_5443
DSC_5461 DSC_5475

 

決勝ヒート2
S1オープンクラスが大荒れとなるなどして、ヒート2は夕方にずれこみました。
周りが薄暗くなりサーキットにはライトが点灯、モタードレースでは珍しいナイトレースチックな雰囲気に。
周回数は15周から12周へと短縮されました。
ヒート1につづいてヒート2も混戦となり難しいレースに。
ヒート2は6位入賞となりました。
DSC_5588 DSC_5590
DSC_5615 DSC_5634
濱原颯道 選手
2015シーズン 全日本スーパーモト選手権 S1PROクラス
年間ランキング3位獲得!
モトクロス出身ライダーたちに混じり、ほぼ互角の戦いを繰り広げてきた濱原選手。
今シーズンは開幕から膝擦りカウンターという武器を手に、最後までシリーズランキング争いを楽しませてくれました。
2015年モデルがデビューイヤーのFS450の持つポテンシャルを最大限に引き出し、
つるしの車両で全日本で戦えるんだ!という事を証明してくれました。
弱冠20歳の若きライダーです。これからも日本のレースシーンを盛り上げてくれること間違いなし!
今後の活躍にご期待ください!

濱原選手インタビュー
ー最終戦を終えてー
雨のレースはそれほど苦手意識は無かったのですが、
今回に関しては、タイヤとサーキットがいまいちマッチせず、コースを上手く攻略できませんでしたが、
両ヒートとも、とにかくスタートで出来るだけ前に出て転倒しないということを心がけました。
序盤から苦しいレース展開となりましたが、総合6位で入賞することができました。
前日走行では調子がよくターマック、ダートどちらにおいても
非常に良いタイムをマークできていたので、来シーズンはグッドコンディションのもとでチャレンジしたくなりました。

ー2015シーズン ハスクバーナライダーとして振り返りー
昨シーズンに比べて、表彰台にも毎回のように立つことができ、だいぶ安定した結果を残せるようになりました。
FS450は乗せられている感じがなく、思うように扱う事ができ、ターマック、ダートが安定して走りやすいマシンです。
特に苦手意識を抱いていたダートセクションにおいてはかなり自信もつき、技術面でも成長できたと思います。
一年間応援してくださいました皆様ありがとうございました。


▼新着情報▼
ジョシュ=ストラング ハスクバーナ勢初AAGP優勝!

12208465_929972417084436_5419206740095904943_n

全日本スーパーモト選手権と時同じくして、長野県は爺ヶ岳にて行われた
JNCC 全日本クロスカントリー選手権最終戦 AAGPにおいて
GNCC ロックスターエナジー・ハスクバーナ・ファクトリーレーシングに所属する
ジョシュ=ストラング選手が圧巻の走りで優勝!!
ハスクバーナとしては初のJNCC優勝です。
この日のためにTE250をチョイス。
「2ストの人気が高まって欲しいし、僕は2ストが好きだから。
4ストのほうがスピードはあるけど、AAGPを楽しむために2ストを選んだよ」
「TE250は軽くて今日のコンディションでは、ウッズの中でのラインは自由自在だし、
こんなスリッピーな状況でも重さを感じずにライディングを楽しめた。」
難しいコンディションだった爺ヶ岳ではこのマシンチョイスが功を奏し、他を寄せ付けない余裕の勝利となりました。
レースの詳細はハスクバーナ モーターサイクルズ ジャパン Facebookページをご覧ください!

そんなTE250ですが、当店でも大活躍の予定ですよ!
HTY-Newsでもおなじみ当店スタッフ大神、
JEC 全日本エンデューロ選手権 最終戦 SUGO 2DAYS にてエンデューロデビューします!
トライアルIBライダーでもある大神智樹、昨年店長大崎が参戦したナショナルクラスでのエントリーです。
初のオンタイムエンデューロ!初の2DAYS! 今は必至にルールを覚えています。
次週のHTY-Newsにて、JEC参戦車両を詳しくご紹介!

そーしーて!
JEC SUGO2DAYSの翌週!
店長大崎 CGC 中部エンデューロ選手権 ゲロゲロクラスにエントリー!
一周するだけでも、かなり褒められるという噂の中部ゲロカップ、ゲロゲロクラス。
超ハードエンデューロの代名詞的大会です。エントリーリストを見た方からは
本当にでるんですか!?(笑)と温かい応援をいただいております。
実を言うと、当初「さわやかクラス」にエントリーするつもりが、気づいた時には定員オーバー!
えーい!行っちゃえ!と、「ゲロゲロクラス」申し込みボタンをポチった次第です。
こちらも次週、詳細をお伝え致します!

 


▼お知らせ▼

『オイルフィルターについて

只今イタリアンハスクバーナ純正オイルフィルターの在庫が一部欠品しております。
大変ご迷惑お掛けしております。
当店ではアテナ社製全車種用オイルフィルターを取り揃えておりますのでそちらをお買い求めください。

DSC_0542

ATHENA OIL FILTERのショッピングページはこちら


新車・優良中古車・特価車情報

お気軽にお問い合わせください。webにて仮予約することもできます!

image2

※仮予約とは:
ハスクバーナは入荷が限られているため、確実にお客様に車両をお届けするため
仮予約をいただいたお客様から順に本契約のご案内する制度です。
仮予約は、キャンセルが可能です。
2016年モデルはこちらの仮予約フォームからどうぞ★

ご来店をお待ちしております。


▼ピックアップ商品▼
『 TRADITION HOODIE のご紹介』

3HS166410X_TRADITION-HOODIE

TRADITION HOODIE ¥11,462

2016年モデル アパレルシリーズ
「ハスクバーナモーターサイクル クロージング」より新登場パーカーのご紹介
トラディションという名の通り長い歴史を持つハスクバーナならではの
ビンテージハスクバーナが描かれたシンプルかつ、かっこいいデザイン!
ハスクバーナファンはもちろん、ハスクオーナー以外のオートバイ好きの方にも好評な一着です。
店頭にてご試着も可能です!

 


▼あとがき▼
全日本スーパーモト選手権 最終戦、
私ノムラにとって初の現地からのレポートでした。
雨のレースでしたが、首都圏から近いこともあり観客の方も多く盛り上がっていました。
今回初めてレースを観戦するという当店お客様も応援にかけつけてくださり、その魅力にどっぷり浸かって頂きました。
モタードのレースは間近でしっかりとレース、ライダーを見ることができ、
ダートセクションでは、ロードレースとは一味違うドラマもあったりもします。
このブログを読んでくださっているほとんどの方は、そんなことはすでにご存知でしょう。
ですが、初観戦の自分にとってはとても衝撃的でした。まだこの魅力を知らない方は是非!来シーズンはサーキットに足をお運びください!
来シーズンはさらにハスクバーナが増えそうな予感!?
ハスクバーナライダーと新型FS450の活躍にもご期待ください!

関連記事

ページ上部へ戻る